新着情報
商品一覧
白雪ふきんの特長
How to たおる
白雪ふきんのあゆみ
取扱店
掲載誌・書籍紹介
お寄せ頂いたご意見
よくあるご質問
所在地
 
携帯サイトへアクセス
トップページへ サイトマップ  
白雪ふきん
   
白雪ふきん 白雪ふきんのあゆみ
 奈良は王朝文化の中心地で、薄織物の産地でした。
 平安期以降、京都に近いことから豪華な宮廷建築物や、寺院・神社の内装や儀式用などの特殊な織物が求められることがあり、衣類以外の織物技法を向上させて行きました。
 鎌倉時代に麻織物(奈良晒)、江戸時代に綿織物(大和木綿・大和絣)、この二つの織物技法をその後融合させ、改良を重ねた事が蚊帳生地の織物を大きく発展させました。麻織物は鎌倉初期に南都寺院用に織られていたという記録があり、16世紀末には改良された晒が、奈良晒・大和上布として特産物となり、近江上布・越後上布・薩摩上布などの中でも 「麻の最上は南都なり」 と言われる程の産業に成長しました。
 東北地方で取れる青芋=苧麻(ちょま)を原料として、今の奈良市を中心に大和北部から伊賀、山辺にまで製織は広がって行きました。しかし、江戸中期から後進の諸藩に追い上げられ、さらに原料高、粗悪品の横行に悩まされた時期もあった様ですが、明治時代になって産地に活力を吹き込んだのが、経糸(たていと)に機械紡績糸を使い、在来の二分の一ないし、三分の一のコストで売り出した 片麻布であり、片麻蚊帳(経糸に綿糸を使用)でした。これが奈良織物産地の主要製品を形成する?蚊帳・襖地(ふすまじ)・寒冷紗(かんれいしゃ)の源流となりました。大仏また同じ頃に綿蚊帳がつくられ、奈良の地場産業として大きな発展を遂げました。

 当家も永年、蚊帳製造業を営んで参りましたが時代の推移と共に生活様式も変わり、蚊帳は役立つ場を失いつつあります。当初は蚊帳生地を裁断する際に出来るハギレを重ね縫製し、ふきんとして自家用、知人、友人に差し上げていたところ大変重宝され、あまりの好評さに近年一定の寸法に定め、製造販売致しました。現在に至っては、奈良東大寺大仏様の年に一度(8月7日)のお身拭いに、毎年献納させて頂いています。先人達が残した織物の技術と伝統を今に蘇らせ、皆様のお役に立てる商品づくりを目指してまいります。

 
   
Copyright 2003 Shirayuki Fukin Co.,Ltd. All Rights Reserved.